PolySwarmPolySwarmPolySwarmPolySwarm
Help

(Optional) Using Pycharm as Your IDE

インストール

PyCharm インストーラーを JetBrains ダウンロード・ページからダウンロードします。 PolySwarm の開発には、無料の「Community Edition」で十分です。 インストーラーのダウンロード後、ご使用のオペレーティング・システム用の手順に従ってインストールします。


新規 PolySwarm 開発プロジェクトの開始

For these instructions, we assume that you've already created your project directory using cookiecutter on our participant-template. そのため、該当する手順と同じエンジン・ディレクトリー名 (microengine-eicar) を使用します。

既存のソース・コードからのプロジェクトの作成

PyCharm 資料の「Creating projects from existing source code」の手順に従って、プロジェクトを作成します。 ソース・コードでディレクトリーを選択する必要がある場合は、microengine-eicar ディレクトリーを選択します。

プロジェクト設定の構成

PyCharm プロジェクトが作成されたので、次は設定を構成できます。

ソースの指定

PyCharm ウィンドウの左フレームに、プロジェクト・ディレクトリーの名前があります。 矢印をクリックしてファイル・リストを展開します。 次に、src ディレクトリーを右クリックし、「Mark Directory as」を選択してから、「Sources Root」を選択します。

Python インタープリターの選択

次に、このプロジェクト用に Python インタープリターを設定する必要があります。

  • In the File menu, select the Settings option.
  • In the Settings page, select Project: microengine-eicar and then Project Interpreter.
  • In the right frame is where you can configure your project interpreter.
  • Click the gear icon to the right of the project interpreter box.
  • Select Add.
  • In the Add Python Interpreter window, make sure Python Virtual Environment is selected in the left frame.
  • In the right frame, select the Existing environment radio button.
  • Then click the 3-dots icon next to the Interpreter box. This will open a window where you can browse to find your virtual environment.
  • Browse to find the polyswarmvenv virtual environment that you made during the development environment setup.
  • In there, you need to select bin and then select python and then you can click the Ok button on each window to save your choices.

Python 依存関係

Now that your project is configured, you may be prompted by a pop-up to "Install requirements". When asked, select the option to install the requirements.

What this is doing is automatically examining your requirements.txt file and comparing the Python packages listed in that file with the Python packages that are already installed in your virtual environment. If any are missing, it will prompt you to install them.

You should now have a PyCharm development environment ready for microengine development.